大通BISSEトップページ/ショップからのお知らせ/ニホンドウ漢方ブティック/今月のちょこっと養生コラム ~四月~ 【〜五行論 肝〜】


前の記事  「ニホンドウ漢方ブティック」の一覧に戻る  次の記事
2021/04/09ニホンドウ漢方ブティック

今月のちょこっと養生コラム ~四月~ 【〜五行論 肝〜】

nihondoh_210409_img.jpg

雪も溶け、陽気が盛んな季節になりました。皆さま春はお好きですか?

今月は漢方の五行説"木ー肝"についてお話しします。

大まかに言うと肝には、全身に気を巡らせ、栄養素や血液など必要なエネルギーをスムーズに流す働きがあります。

肝は生命エネルギーである『気』のバランスを調節し、全身に巡らせる役割を担っています。そのため肝が元気に機能していると、精神面でも安定を保つことができます。
また、『血』を貯蔵する役割もあり、読書の時には目に、運動する時には筋肉にと、貯蔵してある血を必要な器官に供給します。
そして、胆汁の分泌を促して消化を助ける働きや、筋や腱に栄養を与え、関節を支える働きもしています。

一日の朝は、一年の春に相当します。
そのため、季節的に春に出やすい症状、朝に出やすい症状を東洋医学では"肝"が関係していると考えます。

朝を迎え、眠っていた身体が目覚めようとする時は、植物で言えば種子から芽を出す時期に例えられ、"気"のエネルギーを最も多く必要とする時間帯です。
普段から、倦怠感など身体を支えるエネルギーが不足している場合(気虚)、ストレスを多く抱えて、"気"のエネルギーの流れが滞っている場合(気滞)は、この時間帯にお辛い症状が出やすいです。
朝からイライラしたり、身体のエネルギーが上昇し、熱のこもった感じや炎症が生じたりします。
怒りっぽくなる、目の充血、耳鳴り、めまい、頭痛、不眠などのお悩みは特に春に多くなります。

ここで重要なのは精神生活です。
肝が亢進しやすい季節は、気持ちも高ぶりやすく怒りの感情が芽生えやすくなりますので、朝余裕をもって起き、ゆったりとした気持ちで身体を軽やかに動かし、一日の始めを過ごすことが大切です。

東洋医学の基礎となっている医学書である『黄帝内経』(こうていだいけい)では、春の健康法を以下のように述べています。

「春の三ヶ月は、万物が古いものを推し開いて、新しいものを出す季節であり、天地間の生気が発動して、ものみなすべてが生き生きと栄えてくる。人々は少し遅く寝て少し早く起き、庭に出てゆったりと歩き、髪を解きほぐし、体をのびやかにし、心持ちは活き活きと生気を充満させて、生まれたばかりの万物と同様にするがよい。」「大いに心をはげまし目を楽しませるべきで、体をしいたげてはならない。これが春に適応し、「生気」を保養する道理である。もしこの道理に反すると、肝気を損傷し、夏になって変じて寒性の病を生じ、人体がもっている盛長の気に適応する能力を減少させてしまう。」

北海道はまだ朝晩寒く、桜の蕾もぎゅっと硬いですが、
植物たちは大地のエネルギーを吸収して、葉をつけ花を咲かせる準備に入っています。快適な夏を迎えるためにも春の養生が大切ですね。

寝る時間が多少遅くなってしまっても、朝は早く起き、ゆったりした服を着てのんびりお散歩して風を感じましょう。 緑が濃くなる植物の移り変わりを目で観て楽しみましょう。

春におすすめの食物
ほうれん草/キャベツ/たけのこ/アスパラガス/にら/小松菜/みつば/セロリ/春菊/ミント/柑橘系の果物/酢/梅干し


新型コロナウイルス対策による外出自粛中の漢方相談を
安心安全に実施するためにお電話での漢方相談を強化しております。
→ご相談はこちらから

薬日本堂公式LINE
https://bit.ly/2CVv419

ニホンドウ漢方ブティック札幌大通店は"人体改造カブ式会社"を応援しています。
https://www.sapporoekimae-management.jp/contents/人体改造カブ式会社/

前の記事  「ニホンドウ漢方ブティック」の一覧に戻る  次の記事

大通BISSEテナント一覧


スマートフォン版サイトへ